和食が多い|美味しくておしゃれなイタリアンを堪能する|お店の情報を調べよう
ウーマン

美味しくておしゃれなイタリアンを堪能する|お店の情報を調べよう

和食が多い

レストラン

列席者の都合も考慮して

法事で食事が出されるのは、四十九日のときです。四十九日は忌み明けといって、故人が成仏し遺族が喪から明けるタイミングを意味します。そのときに精進落としの儀式として食事をするのです。堀江は大阪にある地域で、法事のための料理屋やレストラン、仕出し弁当などを扱うお店も多くあります。堀江に多いのは和食形式のお店です。多くの場合、ある程度の人数が参加して食事をすることになるので、広い個室がある店が多いです。近年は、法事での食事もバリエーションが増えてきています。自宅や葬儀場で食事を出すこともありますが、ホテルやレストランといったところで食事は別にとることも多くなってきています。列席者の都合も考えてお店選びをするとよいでしょう。

場所に工夫を

堀江は、地元に根ざした法事向きのお店もありますが、最近できたお店もあります。法事に使うお店は、あまり冒険せず昔なじみの店でやることが多いです。しかし、昔なじみの店だとなにかと不都合な場合もあります。近年は親戚縁者の住む場所が遠方であることも少なくないため、昔なじみのお店が必ずしもアクセスがよいとは限らないためです。また、古くからあるお店はバリアフリーが進んでおらず、高齢者の移動が大変なこともあります。堀江では駅近のお店やバリアフリーのお店も増えているので、列席者にそうした都合の人がいるならばそうしたお店も考慮するとよいでしょう。あるいは、食事なしにしたり、仕出し弁当を持ち帰ってもらうという形も一つの手です。